ビットコインに関する端的な情報

正解

ビットコインは、端的に言えばインターネット上で流通している仮想通貨です。

2008年に、中本哲史氏がネット上に公開した論文が発端であるという情報が定説となっていますが、この人物の詳細は不明です。さらに論文発表のわずか3か月後に、その理論を現実化するためのソフトが公開されました。そして2010年にビットコイン取引所が開かれ、現在に至ります。ビットコインを使ったトレードは、株やFX、CFDなどと同じく差金決済取引です。利益の上げ方の基本は、安い価格で買い注文を入れて高値で売るという方法です。

逆に高値で売り注文を入れて、安値で買うという空売りができるのも、株やFXと同じです。違いとしてはビットコインは価格変動率が高いため、リスクもありますが、高額の収益も見込めます。ビットコインのボラティリティは、米ドルと円で行うFX取り引きのおよそ10倍です。またレバレッジを利かせることもできますが、取引所によって倍率が異なり、国内で人気の取引所では15倍となっています。

またトレーダーのリスクを考えて、最大レバレッジを5倍にしている取引所もあります。尚、レバレッジが5倍であれば、証拠金の5倍の取り引きが可能です。