電子取引されるビットコインの情報

ビットコイン

ビットコインは、マイレージポイントやTポイントのようなものとイメージされることもありますが、それとも異なります。それよりもずっと、通貨に近い性質をもっています。

円やドルといった通貨があるにもかかわらず、新しい通貨のような性質を持つビットコインが注目を集めているのを不思議に感じる向きもあります。しかし、インターネットが普及した現在、ビットコインの利用価値は高まっており、それゆえに注目されていると言えます。ビットコインは、換金もできるため、価値を見出す人が増えています。換金はできますが、使える場はある程度限られます。ビットコインは、電子取引だけで使える通貨です。

紙幣も硬貨も発行されてはいません。紙幣を発行する中央銀行が、そもそも存在しません。それでもインターネット上で普通の通貨のように利用できるため、欲しがる人は増え続け、価値が大幅に上昇しました。

円やドルと同様に、価値は市場での需給関係で決まります。利用した情報は、コンピューターネットワークに残ります。そのような保存のされ方に不安を持つ向きもありますが、インターネット上の情報の有用性というのは、阪神大震災時に証明されているところです。そうした情報の共有こそが、信頼できるという見方ができます。

ビットコイン

流行の兆しがあるブックメーカー投資ならこちらへ

通貨機能を持つ電子情報であるビットコインと電子マネー

ビットコイン

ビットコインと電子マネーは通貨としての機能を有する電子情報であるという点が共通しています。一方で両者には明確な違いもあります。最も大きな違いは価格が変動するかしないかという点です。

ビットコインは販売所を利用すれば一定額で購入できますが、投資の対象となっており価格は変動します。電子マネーは一定の価格で購入でき、投資の対象とはならず価格は変動しません。ビットコインは投資や決済に利用されるだけでなく、送金やリスク回避のためにも利用されます。

ビットコインは世界共通の通貨として利用できるため、円やドルなどに両替えする必要がありません。さらに送金する際にも特定の金融機関を経由せず迅速に行うことができます。一方電子マネーにも世界共通で使用できるものが存在します。日本では仮想通貨による決済はまだ珍しい状態ですが、世界では急速に普及しつつあります。

政治や経済の状態が不安定な地域ではリスクを回避する目的でビットコインを購入する例が多く見られます。電子情報が通貨としての機能を有るようになると、市場の円やドルなど既存通貨への依存度は減少します。世界共通で電子情報による通貨が利用できれば、売買などの取引や送金を効率的に行うことが可能となります。